このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
さくら市トップ >  医療・福祉 >  国民健康保険 >  国民健康保険制度

国民健康保険制度

国民健康保険被保険者証と負担割合 市民生活部 市民課 国保係
国民健康保険被保険者証について 国民健康保険に加入すると、加入者1人に1枚の国民健康保険被保険者証(国民健康保険証)が交付されます。 国民健康保険証は、国民健康保険に加入していることを証明するとともに、病院にかかるときの保険診療の証明書とな...
さくら市国民健康保険データヘルス計画 市民生活部 市民課 国保係
データヘルス計画とは 本計画は、国民健康保険被保険者の健康増進を図ることを目的に、診療報酬明細書(レセプト)や特定検診の結果等の分析を基に、健康課題の明確化と重点的に取り組む課題を検討し、今後の保険事業をより効果的に推進するための計画です。...
第3期さくら市特定健康診査等実施計画 市民生活部 市民課 国保係
さくら市特定健康診査等実施計画を策定しました さくら市の国民健康保険では、平成20年度より「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、40歳以上75歳未満の国民健康保険加入者を対象に、糖尿病等の生活習慣病に着目した「特定健康診査」と、その結...
国民健康保険のしくみ 市民生活部 市民課 国保係
国民健康保険について 日本では、すべての方が国民健康保険や社会保険などの医療保険に加入し、日頃からお金を出し合い、その集めたお金を医療費に充てようという「国民皆保険制度」をとっています。この「国民皆保険制度」により、被保険者(加入者)は医療...
マイナンバーカードが保険証として利用できるようになります 市民生活部 市民課 国保係
令和3年10月20日から、マイナンバーカードの健康保険証利用の本格運用が始まります。 マイナンバーカードを保険証として利用するためには、事前に登録が必要です。また、医療機関や薬局にカードリーダーが設置されている必要があります。 なお、お渡し...
国民健康保険制度の広域化について 市民生活部 市民課 国保係
平成30年度から国民健康保険制度が変わります 「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」の成立(平成27年5月27日)により、平成30年度から都道府県が財政運営の責任主体となります。安定的な財政運営や効率...

最近チェックしたページ